貸切バス見積りのポイント

貸切バス見積りのポイント

貸切バスの見積りには事前準備が必要です。計画立案で気を付けるべき点をまとめました。

まずは利用期間です。出発日と帰着日を決定しましょう。
日程が曖昧なままだと車やドライバーの確保が出来ないため、バス会社が金額を設定することが出来ません。逆に言えば、日程がきちんと確定すると値引き交渉の余地が出てくるということになります。

日程が決まれば次に出発地を決めていきましょう。出発地、解散場所はもちろん、サービスエリアなど途中で寄りたい場所についてもあらかじめ伝えておきましょう。
場所によってはバスを停めるのが難しい場合もありますので、事前に連絡して確認しておくと良いでしょう。

車種によってはトランクルームが完備されていないものもありますので、手荷物が多い場合は参加人数よりも定員の多い車種を選んだほうがいいケースもあります。
特に荷物の多い場合は、事前に使用目的を伝えておけば、車種についてバス会社と相談をすることが出来ます。

予算が決まっているようでしたら、先に希望金額を伝えておくと予算に見合った計画をバス会社から提案してもらえる可能性があります。
価格交渉の手間を減らすことが出来るため、必要があれば行うと良いでしょう。

貸切バスは、車、ドライバーの確保が必須であるため、できるだけ早めの計画を心がけて下さい。
計画の直前で申し込みをしたのではバス会社との交渉時間も短く、トラブルが起こる可能性が高くなります。特に行楽シーズンや土・日・祝日は人気の為、予約出来なくなってしまうことがあるので、気を付けて予約すると良いでしょう。

最新のお知らせ

  • [2016年12月01日]
    ホームページを更新しました。

  • [2016年12月01日]
    運営者情報を追加しました。